公開日:

【前年比200%以上?】全国120万人が悩むアトピー性皮膚炎の正体とは?

その他

乾燥してきたこの季節、アトピー性皮膚炎で悩む人も少なくありません。 治りにくいアトピー性皮膚炎も新薬の開発により症状が改善する人も増えてきました。 今回はそんなアトピー性皮膚炎について解説していきます。


引用元:厚生労働省 令和2年 患者調査 傷病分類編(傷病別年次推移表)をもとにグラフ作成https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/10syoubyo/

                                  


アトピー性皮膚炎


・かゆみのある湿疹を主な症状とする皮膚の病気。

・繰り返し発症する。

・目の病気を合併することが多い

・患者数120万人以上(令和2年調査)


特徴


・湿疹は顔や首、ひじやひざの裏などの皮膚の柔らかい部分にできる。

・かゆみが強い

・搔きむしると皮膚が赤く腫れたり、かさぶたになる。


原因


遺伝的要因


・家族内にアトピー性皮膚炎の人がいると発症リスクが増加。

・遺伝的に皮膚のバリア機能が低下する遺伝子の変異を持つためと考えられている。


環境的要因


・ダニやハウスダストなどのアレルゲン。

・乾燥した空気、汗や刺激物。

・ストレス。


治療法


薬物療法


・ステロイド外用薬で炎症を抑え、かゆみを改善。

・免疫抑制薬で免疫反応を抑え、かゆみを改善。


スキンケア


・保湿剤で皮膚の水分量を保ち乾燥によるかゆみを抑制。

・抗ヒスタミン薬でかゆみを引き起こすヒスタミンの働きを抑制。


予防法


・ダニやハウスダストなどのアレルゲン対策。

・保湿。

・ストレスをため込まない。




橋本将吉(はしもとまさよし)


本件に関するメディア関係者様のお問い合わせ先

ラフセルグループ広報担当

raughcell-media@li-fe.co.jp



ニュースリリース一覧に戻る