公開日:

長期連休に海外旅行に行く方へ 医師が解説する"安全なゴールデンウィーク旅行のポイント

その他

ゴールデンウィークに海外旅行を計画している方も多いのではないでしょうか。海外旅行を安全で楽しいものにするためには、自分の健康状態のチェックはもちろん、渡航先の環境について調べることも重要です。今回は海外旅行に行く際に注意してほしいことについて現役医師が解説いたします。


海外旅行で注意したいことの1つとして感染症が挙げられます。場所によって異なりますが、食べ物や水を介した消化器系の感染症に感染する可能性が最も高いと言われています。日本では発生していない動物などが媒介する病気が海外では流行していることがあります。人から人へ感染することのある感染症もあるので注意が必要です。


感染症対策として、渡航前に自身の予防接種の履歴を確認しましょう。海外渡航の際に推奨されている予防接種がいくつか存在します。感染症の予防には、ワクチン等の予防接種が効果的です。渡航先の環境や感染症の流行などを調べ、予防接種をすることを推奨します。判断が難しい場合には、医師に相談してください。また、渡航先の最新の感染症情報や医療機関情報は必ず出国前に確認しましょう。


海外旅行では、時差や気候の違い等の環境の変化で様々なストレスを自覚していなくとも感じています。疲労も重なり、免疫力が低下し病気にかかりやすくなってしまいます。無理のない余裕を持ったスケジュールを組みましょう。


特に、食事には細心の注意を払ってください。十分に加熱されたものを食べること、加熱処理のされていない水、氷、カットフルーツなどは口にしないことを徹底しましょう。口にするもの以外でも、蚊やダニ、動物はウイルスを保菌している可能性が極めて高いので注意してください。虫除けも効果的です。


国外では健康法検証の使用はできませんが、海外旅行保険に加入し保険証券が発行されている場合には、その保険証券を携帯してください。海外旅行保険に加入している確認が取れれば保証を受けることは可能ですが、時間がかかる可能性があるので持参することをおすすめします。また、健康保険証も帰国後の健康トラブルなどが発生したときに使用するので携帯しましょう。


帰国時に体調が優れない場合には、空港や港に設置されている検疫所へ行きましょう。検疫所では、渡航者を対象に健康相談を行っており、発熱や咳、下痢などの症状がある場合だけでなく、無症状だが渡航先で不安に思うことが起こった場合にも相談ができます。感染してから発症まで1週間以上と長いものもあります。症状の有無に関係なく、不安がある場合は検疫官に相談することを推奨します。



橋本将吉(はしもとまさよし)


本件に関するメディア関係者様のお問い合わせ先

ラフセルグループ広報担当

raughcell-media@li-fe.co.jp

ストーリー一覧に戻る